スマイリーマムブログ
"子ども"と"お出かけ"をキーワードにスマイリーマムからいろんな情報を発信していきます。

男にとっての会社と家庭−その2(吉岡パパの子育てエッセイ VOL.11)

0
    ・・次回は、男の心情を掘り下げてみる、と前回のエッセイで書かせていただきました。
    男の心情ってなんだろう?と悩んでいるうちに月日がたってしまいました。(大いなる言い訳です。すみません・・・編集部の皆様)

    さて、1歳になった子どもを目の当たりにして、男は何を思うのだろうか?
    どうやら、女性はおなかの中に子どもがいる時分から『子どもかわいいホルモン』が分泌されるようである。(でも、なんで虐待がおこるのか・・・かなしい) 男は子どもに手をかけていくうちに『子どもかわいいホルモン』が出てくるというのである。子どもが1歳になる頃には『子どもかわいいホルモン』全開なのである。無条件にかわいくてかわいくてしょうがない。・・・しかし、「男の人はたまに子どもと接するからかわいいのよね!」という女性の声も聞こえてくる。

    うーん、そこで問題になるのが、『仕事、会社』である。僕のことを言えば、僕は実は主夫になりたい願望満点であった。しかし、しかし、現実はやはり男を仕事に向かわせる。“大昔の人は狩りに向かい、現代は会社に向かい”である。“会社なんか辞めてやる!”と本気で思っても、次の日は会社に行く。悲しいものである。

    そこで、日常の中の喜びが必要になる。酒、タバコ、麻雀?散歩?・・・恋愛はご法度。うん。いえいえ、子どもの素敵な笑顔です!やっぱりこれが一番。ましてや、「パパぁ」なんていわれた日には、「君の望みは何でもかなえてあげる」という心境になるのである。
    ただし、土曜日の朝だけは違う。土曜日は戦場(会社)で疲れきった体を休めるために眠りたいのである。でも子どもの朝ははやい。そこで「パパぁ」と素敵な笑顔で寝ている身体の上をジャンプされても、ベチベチたたかれても、「かわいい!」とは、思えないのである。(一瞬そう思えないだけですよ。)・・・しかし、ぐっすり眠ってお昼頃起きだしてみる我が子の笑顔はまさに「目に入れても痛くない、鼻の穴の中でもお好きにどうぞ〜」というくらいかわいい。

    かくして、また「男の人はたまに子どもと接するからかわいいのよね!」という女性の声も聞こえてくる。

    繰り返し、繰り返し聞こえてくる・・・。

    =======================================================
    元気がでますので、是非クリックを!!

    にほんブログ村 ポータルブログへ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    最近の記事

    カテゴリー

    最新クチコミ

    Twitter

    子連れレストランお奨めランキング

    最近のコメント

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed