スマイリーマムブログ
"子ども"と"お出かけ"をキーワードにスマイリーマムからいろんな情報を発信していきます。

名前はエイ、ヤー!その4(吉岡パパの子育てエッセイ VOL.16)

0
    エッセイが、後残すところ2回で打ち切りだという・・・。なんか悲しいことである。
    実は、まだまだ、エピソードがてんこ盛りで、おもしろい話もたくさんあるのだが、今回は、第4子だけ、名前のエピソードを載せないのは、気が引ける、ということで・・・。

    第4子の出産のとき、分娩室から出てきた医師の第一声が『吉岡さん、すみません!』だった。いったい『すみません!』とは・・・。ドキドキ高鳴る胸の鼓動と、不安。恐怖。
    『吉岡さん、すみません!』に続いた言葉は、『男の子でした!!!』“ふーっ、良かった”
    実は、生まれる直前まで、担当医師からは、『絶対女の子』と聞かされていたのである。

    まあ、ともあれ無事生まれれば、良かった、良かった、である。しかし、困ったのが名前である。またまた、名前。女の子だったら、長女の『すみれ』に引き続き“ひらがなの名前にしよう”と決めていたのである。

    さて、『大成』『大河』とつづく3番目の男の子の名前である。名前は・・・、また『たい(大)』とつづく名前か・・・。
    しかし、あまり『たい**』とつづくと誰を呼んでいるのか、名前の呼び間違いが多くなる気がする。しかしである。連続性も・・・。

    そこで、広く呼びかけてみた。『たい**』という名前でいい名前ないかなぁ???
    すると友人から大いに反響があった。『鯛めし』って言うのはどう?『大漁』は?『太鼓判』って言うのもあるぞ・・・ときた。

    こりゃ、ダメだ。やっぱり自分で考えるか・・・。

    しかし・・・、うーん、やっぱり呼び間違える。“そうだ!『大』の字をどこかに使うことで、統一感を持たせよう”、では、早速、ということで、頭が切り替われば、すぐに思いつく。ピンポーン。大好きな坂本竜馬の竜の字を龍として、『龍大』にしてみよう。
    なんてったって、辰年だし、『龍大』だ!

    さてこれからである。なんて読ませようか。うーん、『りゅうだい』『たつひろ』うーん、とうなって、結局『りゅうた』にした。

    今では、長女9歳 すみれ(愛称 ちゅみ)
    長男6歳 大成(愛称 たいぺい) 
    次男3歳 大河(愛称 がっち・・・たいがっちと呼んでいたら、いつの間にか『がっち』になり、幼稚園でも『がっち』と呼ばれている。)

    三男1歳 (龍大 愛称 りゅうぴぃ)

    以上 吉岡家の子供の紹介でした。
    ・・・いまでは、『たい**』と呼ばれているのは、『たいぺい』事『大成』だけなのでした。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    最近の記事

    カテゴリー

    最新クチコミ

    Twitter

    子連れレストランお奨めランキング

    最近のコメント

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed