スマイリーマムブログ
"子ども"と"お出かけ"をキーワードにスマイリーマムからいろんな情報を発信していきます。

ひとつの壁 男性の育児休暇取得

0
     なかなか痛い実態を突いてきている記事がありました。見出しは、「男の育休取得、3割超の企業がゼロ 主要100社調査」です。朝日新聞が各界主要な企業100社に男性の育児休暇取得についてアンケートを行ったようです。

     結果として、3割強の企業で育児休暇取得率が0だったようです。まあ、この数字に関してはおおかた予想できるもものでさして驚きはありませんでした。たまにテレビの特集で男性の育児休暇の模様をドキュメンタリーでやっているのを見ましたが、正直普通の人ではできないでしょうね。

     数値的に見ると2005年度中に42社で109人の男性が育休を取得したということになっていますが、この42社は、おそらく次世代行動育成計画対象企業と思われるので従業員数が301名以上と考えると恐るべき少ない男性育休取得率になるのでしょうね。

     企業として男性の育児休暇取得が難しい理由として以下の3点を例として挙げています。
    ・代替要因の確保が難しい
    確かにこれは、日本の年功序列型の企業文化を考えるとシビアな問題でしょうね。それでもアウトソーシングが進めば企業側としては対応不可能なことではないと思いますね。

    ・男性でも育休が取れることを知らない
    これは、企業側の怠惰でしょうね。ちゃんと社内広報活動をすればいいだけですね。

    ・男性の育休への抵抗感がある
    ここが肝でしょうね。普通にしていたら男性社員は、絶対に育児休暇を取得できないでしょうね。ただでさえ周りが忙しくしていると早く帰りづらいなどという風潮がある日本の企業ですから、企業側から育休取得を推進していかないと、育休など夢のまた夢でしょうね。

     今後は、男性の育児休暇の取得率と離職率の関係や、育休取得率と企業イメージなどの客観的なデータを集めていき、男性が育児休暇を取得した際の企業側のメリットを見えるようにしていかなければならないでしょうね。

    参考記事 asahi.com
    http://www.asahi.com/edu/news/TKY200603210334.html

    子供がいても楽しい外食
    子連れで外食 スマイリーマム

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    3割の企業で、男性の育児休業の取得者がゼロという結果が、100社に対して行われたアンケートで、でたそうだ。  国は「男性の育休取得者が1人以上」を要件の一つとし「子育てサポート企業」に認定するなど少子化対策を進めているが、壁はまだ厚いということなのだ
    • 介護・医療について考えるブログ
    • 2006/03/23 9:01 PM
    先回に引き続きテレビでやってた話題から少々。 昨日、日曜日にフジテレビの番組「スタ☆メン」でテーマにしてたのが "ネオ子だくさん"なる話題だったんだけれど・・・。 コレもまた・・・ちょうど育児のことを書こうと思ってたので(笑)。 ってか、
    • Stylish jam - Blog
    • 2006/05/11 12:33 PM
     上司に育児休暇の話をしてきました。  過去に一度、冗談のように話したことはあるのですが、さすがにかなり驚いていました。    一番気にしていたのはやっぱり期間でしたね。  今、私は結構大変な仕事をしているので業務の代替を非常に気にしていました。  とり
    • 男の育児休暇
    • 2006/08/26 8:13 AM

    最近の記事

    カテゴリー

    最新クチコミ

    Twitter

    子連れレストランお奨めランキング

    最近のコメント

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed