スマイリーマムブログ
"子ども"と"お出かけ"をキーワードにスマイリーマムからいろんな情報を発信していきます。

新少子化対策も先送り?

0
     新しい少子化対策が少子化社会対策会議で決まり、7月の骨太の方針に反映されることになります。子育て支援と働き方の改革を2つ柱とした施策というのが新少子化対策の特徴のようです。

     かなり総合的な視点で対策が練られており、これで効果が出なければどうしようもないのでは、というものだと思います。ただ、これらの対策の具体的数値目標、予算、財源に関しては、他の法案と同様に先送りされてしまうようです。

     ほんとは、もう少しこの新少子化対策につっこんだコンテンツを書こうと思ったのですが、資料を読んでいてちょっと違う考えが浮かんできました。
    この新しい少子化対策に関する資料の冒頭に、少子化がもたらす、少子高齢化社会は、急激な人口減少を招き、これは国や社会の存在を脅かす問題だと考えるべきであるというようなことが書かれています。

     結構、これってすごいことですよね。でも思うんですが日本にいる人々のどのくらいの人がほんとうに危機感を感じているんでしょうね。そもそも少子化ってほんとに問題なの?なんで?っていうレベルが大半じゃないのかななんて気もします。

     仕事がらお母さんや子供、なんらかの形で子育てを支えている人たちに注目していると少子化に対する身近感や危機感というものを感じることができます。ですが一方、独身男性という自分の立場で周りを見たとき、まったくそれらを感じることが出来なくなります。自分と同年代で結婚もしていない人も結構いますし、子育てや少子化にピンとこない人がたくさんいます。

     今回の新少子化対策をほんとに実現するには、社会構造を変えるぐらいの大きな変化が必要です。それを実現するとなると・・・・どうしたらいいんだろうなんてことを考えいましたが、これは次回にとっておきます。もう結構書きましたからね。 それでは、次回をお楽しみに。


    小さなお子様連れのお店探しなら スマイリーマム
    子連れで外食 スマイリーマム

    コメント
    こんにちは!
    ほんと、少子化の危機を感じている人は、少ないし、誰かがやってくれる。なんて思っている人も多いような気がします。
    まずは、そんな意識改革が必要ということでしょうかね。
    個人的には、危機感を痛感するより、こどもが欲しい。と思えるような社会になればいいな〜。と思います。
    >はつきちさん
    いつもコメントありがとうございます。
    独身男性から考えれば、誰かがやってくれるどころかまったく関係ないやと関心がない人が大半だと思いますよ。

    ギクッ、このブログの続きは、その危機感を書こうと思っていのですが・・・
    子供が欲しいと思う社会ってどんな社会なんでしょうね。

    >個人的には、危機感を痛感するより、こどもが欲しい。と思えるような社会になればいいな〜。と思います。


    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    最近の記事

    カテゴリー

    最新クチコミ

    Twitter

    子連れレストランお奨めランキング

    最近のコメント

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed