スマイリーマムブログ
"子ども"と"お出かけ"をキーワードにスマイリーマムからいろんな情報を発信していきます。

ワークライフバランスの影響??

0
     自治体の昇進試験に関するニュースで興味深いものがありました。地方の自治体で出世のために昇進試験を受ける人の数が減ってきているというものです。

     「公務員に「出世拒否」が増殖 「責任イヤ」「趣味を優先」」(BIGLOBEニュース)

     各地の自治体で係長に昇進するための昇進試験の受験者数が軒並み減少しているようです。横浜市では、1993年の2174人をピークに2006年には1000人まで半減し、名古屋市では、98年度の1357人から07年度には、なんと522人まで減少してしまいました。

     各自治体の人事担当も頭を抱えて、準備に時間が掛かる筆記試験をやめたり、昇進試験を受験できる勤続年数を早めたり工夫をしているも、大きな効果を挙げていないようです。

     では、なぜ昇進試験を受けないかというと「責任や負担が大きくなるのがいや」「私生活との両立ができなくなるから」などの理由が挙がっているようです。

     昇進すれば、緊急の呼び出しや仕事量も増え、私生活にも影響が少ながらず出るようで、仕事と生活の両立を考えると出世しなくても現状のままでよいと考える人が増えているようです。

     皮肉な言い方をすれば、ワークライフバランスが浸透してきているようですね。少子化対策の一つとして政府はワークライフバランスを推進し、現実的に仕事と私生活の両立を望む人が増えてきている現状を表していると思います。

     ワークライフバランスの浸透により、より多くの人の仕事の価値観が変化すると思います。効率的に仕事をすることにより、仕事量を落とさずに労働時間を減らして私生活の時間に当てる人もいれば、仕事の効率化ができずにただ単に労働時間が少なくなり、仕事量も減少する人も居ると思います。

     ワークライフバランスが広まれば、必ずしもポジティブなことだけが怒るとは思えません。やはり反動などもあり、今回の自治体の昇進試験のようなことが起こると思います。反動も含めて仕事と家庭の両立を目指していく認識がないと、導入したはよいが取り下げてしまうなんてことになりかねません。

     参考:http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0807/28/news041.html(Business Media 誠)

    首都圏、大阪のお子様連れOKのレストランを調べるなら スマイリーマム
    こどもとお出かけスマイリーマム

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    最近の記事

    カテゴリー

    最新クチコミ

    Twitter

    子連れレストランお奨めランキング

    最近のコメント

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed