スマイリーマムブログ
"子ども"と"お出かけ"をキーワードにスマイリーマムからいろんな情報を発信していきます。

スマイリーマム発進!(ECサイトスマイリートイのオープン)

0

    9月1日です。

    会社を8/1に設立し、スマイリートイをオープンさせるまで、あっという間の1ヶ月だった。

    思えばいろいろありました。

    私と、杉山が、「育児を終え社会復帰しようとしているお母さんの為に何かできないか?」と考え出したのは、今年の4月頃、、、
    いろいろ、調査していくうちに、いきなり母親支援をビジネスとしてしていくのはとても難しい事だとわかったのが5月、、、

    以前の会社にいたときにお世話になっていた社長さん(とっても尊敬している方)に、どのようにビジネスにしていったら良いか相談したところ、「難しいことだけど、本気(子育て支援、母親支援ビジネス)でするなら、出資しても良い。」と言われちょっと舞い上がっていたのが、5月半ば、(でも、ここで一歩踏み出せなかった私の背中を押してもらった気がしました。)

    その後、いろいろ調べていくと、保育園というものが、いろいろ問題になってきていることがわかった。「子育て支援が親をダメにする」なんて言わせないに出会い、感動。どんな状況、理由の人でも預かる(一時)保育施設を作り、事業としても成功させるためのプランを杉山と作りはじめた。
    そして、杉山とビジネスプランをまとめているところで、突如、ウイルス性の髄膜炎で緊急入院したのが6月末。

    2週間後に退院、そして、その社長さんのところに、ビジネスプランを説明に行くも、出資ありきで、足下をみていないプランの為、ダメだしを食らったのが、7月。

    自分たちサイズ(力量)でまず出来る形を模索し、結果的にやりたいことが出来るプランを作っていこうと決めて、どんな事をしていくか模索していた7月半ば。

    そんなこんなしている中、妻の紹介で、株式会社ぱむの吉岡さんと出会ったのが、7月末。
    「子どもを対象としたビジネスは私もやりたいことなので、一緒に突っ走ってみましょう。会社運営の不安(キャッシュアウト)を早く取り払うため、今は、ビジネスプラン(重要ではありますが)の数値遊び(収益予想など)の所に時間を使うのではなく、早く収益を上げる方法を考えて、次のステップに進みましょう。」
    というありがたい言葉を頂き、さらに背中を押してもらった。

    吉岡さんと私たち2人でどんなビジネスでスタートさせるか模索した結果、お母さん達、子ども達からの生の声を拾いながら、かつ、私たちのスキルで出来る事が、ECサイトだとわかったのが、8/12。

    そして、私たちの最初のビジネスとして立ち上がったのが、「スマイリートイ」

    これを核に、次のコミュニティーへの展開や、BtoB収益の確立など、することはまだまだたくさん、、、

    でも、やっと突っ走るためのスタートラインに立てたことに、感謝

    とりとめのない乱文、で申し訳ありませんが、いろいろな思いを込めて、スマイリーマムは突っ走ります。

    今後とも、スマイリーマムをよろしくお願いします。

    株式会社スマイリーマム 代表取締役 河野 哲男

    コメント
    スマイリートイ、開店おめでとうございます!

    サイト見てるとなんだか癒し系なカンジ
    さっそくTBしちゃいまいした〜

    日本中のママ、おじいちゃん、おばあちゃんに早くこのショップのこと教えてあげんとなぁ! (おいおい、パパだって気になるよ... )
    • shuji
    • 2005/09/01 6:00 PM
    コメントありがとうございます。
    木のおもちゃは、なんとなく不思議でいいかんじなんですよね。うまく言えてませんが・・・

    これからより多くの商品をそろえていきますので
    楽しみしていてください。
    祝開店!
    次世代を支援する理念、素敵だと思います。新しい門出に幸多かれかし。
    私も、「ジャンプするには一度しゃがまなくちゃならない」というある塾の先生の言葉を肝に銘じ、自分の目標に向かって、日々これ刻苦勉励中であります。by naka-ikk
    開店おめでとうごさいます!
    子供のころ大好きだったおもちゃや絵本って、
    なんだか特別な気がして、いまでも持っています。
    たくさんの子供達の宝物を届けてあげてください。
    応援しています。



    >ブックマニアさん(naka-ikkさん)
    コメントありがとうございます。
    私たちも次世代を支援するという理念ではじめましたが、
    しゃがんでばかりのような気もしますが・・・ですが
    「スマイリートイ」をジャンプのきっかけにしていきたいです。

    >HOP大野さん
    こめんとありがとうございます。
    子どもの頃のオモチャをとってあるなんてすごいですね。
    私の家には、微塵もないでしょう・・・
    ずーっととって置いてもらえるようなオモチャを
    提供できればと思います。
    これからもよろしくお願いします。
    12 COLORS BLOCKS 今日届きました。ありがとうございます。
    木の質感といい、12色という色数の豊富さといい、思っていた以上の質量感、気に入りました。このまま木の枠に入れた状態で立て掛けておいても、インテリアとしていけそうですね。それほど、色きれー、です。
    • ブックマニア
    • 2005/09/08 12:17 AM
    >ブックマニアさん
    商品が無事に到着しましてよかったです。この商品の箱を開けたときの感覚が、たくさんの色がある色鉛筆やクレヨンのふたを開けるのと同じような感覚になりました。
    なんともいえないわくわく感や満足感に酔いしれていました。またのご利用をお待ちしております。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    わたしの子供の頃の思い出にはさまざまなモノの感触があります。 いろんなデコボコ、ザラザラ、ツルツルなどで楽しみました。 今の子供はテレビゲームのコントローラーやボタンの感触ってところかな。 目から入る映像のほうが多いか... でも、それでいいのかな? 多感な
    • 良質デザイン生活
    • 2005/09/01 5:52 PM

    最近の記事

    カテゴリー

    最新クチコミ

    Twitter

    子連れレストランお奨めランキング

    最近のコメント

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed