スマイリーマムブログ
"子ども"と"お出かけ"をキーワードにスマイリーマムからいろんな情報を発信していきます。

現代の貧窮問答歌(吉岡パパの子育てエッセイ VOL.6)

0
    この吉岡パパのエッセイは、2002年に育児支援カムカムランド(現在リニューアル中)に連載されていたものを再連載したものです。(株)スマイリーマムの協力者である、 株式会社ぱむの代表取締役である、吉岡社長の愛あり、涙ありのどたばた子育てエッセイです。(全17回のエッセイですが、第6回分から連載致します)
    毎週土曜日に再連載予定!!

    吉岡家「川沿い、畳に隙間、築30年以上、エアコンなし…。」この状態で4月18日のはじめての子が誕生した。嬉しくて、嬉しくて・・・もつかの間。すぐに様々な事態が巻き起こるのである。

    まず、春。春になると、様々な生き物が生への息吹を宿し、あたたかい空の下で大活躍し始めるのである。空を舞う蝶々、テントウムシ等、かわいいものだけでないことにご留意頂けたら、想像もたくましくなるのではないかと思う。なんてったって、我が家の畳には、隙間が開いているのだから・・・、そこから・・・

    げじげじ虫、だんご虫、ムカデ、その手の床下を住家としていた虫たちが、はじめての子を慈しんでいる我が家の一員と化したのである。畳の隙間から、出るは出るは、「キャー!」「ウギャー」という声が、赤ちゃんの鳴き声とともに、連呼、連呼、連呼・・・。畳の隙間を埋めるべく、新聞、ティッシュで押し込み、押し込み。しかし、築30年以上の家には、隙間がたーくさん。「自然に帰れ!」という、天からの声が聞こえてきそうである。

    そんな格闘をしていたら、時は過ぎ行き、梅雨の季節へ。この梅雨が困った。「川沿い、エアコン無し」なので、「湿気」が襲ってきたのである。この「湿気」がただ事ではない「湿気」だった。言うなれば「スーパー湿気・しかも下からバージョン」である。
    川沿いと言うこともあり(この川はあまり整備されていなかった)おそらく、川の水が、地面を伝い、地面事態が非常に湿度が高いのであろう。
    「スーパー湿気・しかも下からバージョン」は吉岡家に猛威を奮い、押入れは全て、カビ、カビ、カビ・・・。

    何度も言うようだが、我が家は貧乏なので、エアコンはない、どころか、紙オムツも買えない。日々、何十枚もの布オムツ手洗い、「スーパー湿気・しかも下からバージョン」にはまいった。虫虫攻撃に次ぐ攻撃であった。

    世間は、確実に夏に向かう最中、吉岡家は世間から隔絶されたような日々であった。赤ちゃんの鳴き声、「巨大なデベソ」事件もこの頃である。

    夏になり、アリとゴキブリの襲撃を受けたことは、容易にご想像頂けることと思う。

    (つづく、、、)

    =======================================================
    この記事が楽しかったら、元気がでますので、是非クリックをお願いいたします!

    にほんブログ村 ポータルブログへ



    << | 2/2PAGES |

    最近の記事

    カテゴリー

    最新クチコミ

    Twitter

    子連れレストランお奨めランキング

    最近のコメント

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode
    track feed